睡眠の悩みと腰痛のつらさはマットレスと密接な関係がある

よく眠れなくて困っているという人は現代では増えている状況がありますが、腰痛に悩まされている人も着実に増えてきました。

この二つはどちらもマットレスと密接な関係があるのでどんな関連性があるのかを詳しく理解しておきましょう。

マットレスが合っていないと睡眠が浅くなる

まずはマットレスが原因で睡眠の悩みが引き起こされてしまうことを理解しておきましょう。

睡眠は深くないと体も頭も休むことができませんが、マットレスが合っていないと睡眠が浅くなりがちです。

なぜ睡眠が浅くなってしまうのでしょうか。

同じ姿勢でいるのがつらいから

マットレスが合っていないと姿勢を変えられなくなってしまうことがあります。

体を横に回そうとしてもマットレスのバネが利かず、さらに体がマットレスにめり込んでしまっているとかなり大変でしょう。

眠っている間に自然な寝返りを打つことができなくなり、そのままずっと同じ姿勢を保つことになってしまいます。

すると、体が凝り固まってしまって血行が悪くなったり、少し動いたときに痛みが生じたりするようになります。

そのつらさが原因で眠りが浅くなってしまい、頻繁に夜中に目が覚めるようになることは少なくありません。

体が痛くて目が覚めるから

凝り固まったのとは別の理由で体が痛くなってしまい、眠りが浅くなるケースもあります。

マットレスを使わずにフローリングで寝てしまったことを想像してみるとわかりやすいでしょう。

下が硬いところで寝ていると体が痛くなってしまいます。

マットレスは柔らかいから大丈夫と思うかもしれませんが、体格に比べてマットレスが硬いと同じようにして体が痛くなることがよくあります。

痛みを伴えば当然のように目が覚めてしまい、また眠りにつくまでに時間がかかってしまうでしょう。

このような原因で眠りが浅くなって、起きてもやはり体が痛いということも多いのです。

マットレスが合っていないと腰痛になりやすい

マットレスが合っていないと腰痛にもなりやすくなります。

睡眠との関連性を考える前に、マットレスが原因で起こる腰痛の典型例を確認しておきましょう。

寝返りできなくて腰痛になる

マットレスが合っていないと寝返りができないことがあるのは眠りが浅くなる原因のところでも説明しました。

全く同じ理由で腰痛になってしまうこともあるので注意しなければなりません。

寝返りができないと体が凝り固まりますが、腰についても例外ではありません。

特に腰が曲がった状態で固定されてしまっていると負担が大きくなりがちで、血行も悪くなるのでコリも生じてしまうでしょう。

柔らかいマットレスを選んでいるときには起こりやすいので気を付ける必要があります。

硬いマットレスにすることで対策できるので検討してみましょう。

腰が浮いていると腰痛になる

体が痛くて眠れなくなるケースの中には腰痛も含まれています。

やはり同じ原因で腰痛が引き起こされてしまっているのです。

特に腰が浮いてしまっているときには腰痛になってしまいがちなので注意しましょう。

この場合にはマットレスが硬いのが原因なので柔らかくするのがおすすめです。

腰痛になると睡眠が浅くなる

腰痛になると眠りが浅くなってしまうということも知られています。

マットレスが直接睡眠不足や腰痛を引き起こすだけでなく、腰痛と睡眠の間にも深い関連性があるのです。

考えてみれば難しいことではありませんが、なぜ腰痛が睡眠を浅くするのかを理解しておきましょう。

痛みが動きを制限してしまう

腰痛があると寝ているときには動きづらくなります。

当然ながら寝返りを打つのは大変で、同じ姿勢のまま眠ってしまうことが多くなるのです。

すると体が凝り固まってつらいので眠りが浅くなってしまいます。

眠りが浅いと腰痛を悪化させる可能性もある

実は睡眠の問題が腰痛を悪化させることもあります。

眠りが浅いときには体が活発に動く傾向があり、大きな動きをして腰に負荷がかかることがあるのです。

変な方向に腰をねじってしまい、激痛で目が覚めることもあるでしょう。

それが原因で朝目が覚めたら腰が動かないということになる場合もあります。

マットレスの改善が解決につながる

このように三者に密接な関係があることがわかったとしても、改善するにはどうしたら良いのかがわからないという人もいるでしょう。

この中で最も改善しやすいのはマットレスなので、まずはマットレスを体に合わせるのがおすすめです。

マットレスが体に合うようになると自然な寝返りを打てるようになり、腰が浮いてしまうようなこともなくなります。

それが睡眠を深くすることや、腰痛を軽減することにつながると期待できます。

まとめ

このように睡眠の浅さと腰痛はマットレスの硬さが体に合っていないのが原因で起こりがちです。

さらに眠りが浅いことと腰の痛みが互いに悪影響を及ぼすのでマットレスを改善することによって根本的な解決を図るようにしましょう。